第8回 【小関順二のドラフト指名予想】埼玉西武ライオンズ編2014年10月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 投手、野手ともに補強が必要だ
[2] ドラフト1位候補に挙がった高橋光成

ドラフト1位候補に挙がった高橋光成

髙橋 光成(前橋育英)

 この10年間で3度目のBクラス転落ということもあり、フロントは即戦力投手にしか目が向いていないようだが、有力候補の中で今年最も調子がいいのは高校生の髙橋 光成前橋育英)(インタビュー:2014年8月29日公開8月30日公開)だ。

 18Uワールドカップ出場後に調子を落とした昨年にくらべ、今年は甲子園こそ無縁だったが18Uアジア選手権に選出され、2試合(9回3分の2)に投げ、5安打、自責点0と安定していた。この大会で計測したストレートの最速は148キロ(自己最速は149キロ)。阪神が最近、有力指名候補として名前を挙げたのは当然である。

 左腕にこだわるなら塹江 敦哉高松北)、石田 健大(法大)、島袋 洋奨(中大)(インタビュー)、横山 雄哉(新日鉄住金鹿島)、加藤 貴之(新日鉄住金かずさマジック)、福地 元春(三菱日立パワーシステムズ横浜)、竹下 真吾(ヤマハ)という名前が挙がる。

 この中では社会人の横山、福地、竹下がストレートの速さと変化球のキレを備え、即戦力の魅力がある。横山と福地はチームメートの投手にドラフト上位候補がいるので、会社の承諾がポイントになる。

 野手は最初に紹介した中村以外でも、センターラインを守れる内野手をもう少し取り上げたい。

 社会人ではこのところ注目を集めている横浜高、創価大OBの倉本 寿彦(日本新薬・遊撃手)に即戦力の期待がかかる。走守は今すぐ一軍の試合に出しても通用するレベルにあり、課題だった打撃にも力強さが増し、3位前後の指名が考えられている。

 高校生は遊撃手に好選手が多い。野平 大樹樹徳)、高濱 祐仁横浜)、宗 佑磨横浜隼人)、桒原 樹常葉菊川)(インタビュー)、古沢 勝吾九州国際大付)などで、さらに中村 剛也、浅村 栄斗森 友哉インタビュー)など大阪桐蔭の直系、香月 一也(三塁手)(インタビュー)も好センスの持ち主で、私がスカウトなら3位くらいの指名で獲得する。

まとめると今年の西武は

1位は高橋光成(前橋育英)のような高校生右腕あるいは 中村奨吾(早大)のような強打型野手
左腕にこだわるならば、塹江のような高卒左腕、または横山、福地、竹下ような社会人左腕
2位以降は 倉本寿彦(日本新薬)や野平、桒原、香月などの高卒内野手もおススメ

となっていくだろう。

(文・小関 順二


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

このページのトップへ


【関連記事】
第6回 【小関順二のドラフト指名予想】埼玉西武ライオンズ編 「西武黎明期の根本流を再現するには?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第6回 【小関順二のドラフト指名予想】埼玉西武ライオンズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第8回 【ドラフト総括】埼玉西武ライオンズ編【プロ12球団ドラフト分析2014】
第50回 北海道日本ハムの大谷翔平がパリーグ史上最速の160キロを計測!【Weekly TOP5】
第29回 グラビン、マダックス、トーマスがアメリカ野球殿堂入り!【Weekly TOP5】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン

コラム