第6回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ編2014年10月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

【目次】
[1] 巨人には華のある選手の指名が必要だ
[2] 即戦力で有原か、華とスケールを意識して安樂か

読売ジャイアンツ 今季戦績

 144試合 82勝61敗1分 勝率.573 セ・リーグ1位

巨人には華のある選手の指名が必要だ

和製大砲として期待される岡本 和真(智辯学園)

 注目球団だけに「巨人がΔ○×を指名」「巨人スカウトが■▼×に注目」という記事がスポーツ紙をにぎわすことが多い。春先の選抜大会が始まる前には横浜高の浅間 大基(外野手)(インタビュー)、最近は智辯学園岡本 和真(一塁手)(インタビュー:2014年3月2014年8月)が巨人の1位指名候補と書かれた。

 ドラフトは野球ファンの注目を集めるコンテンツなので、野球雑誌でも頻繁にドラフト特集号が出される。話題がなくなれば巨人や阪神など人気球団の動向を書き、とにかくドラフト特集を作り上げる。巨人が浅間、岡本に狙いを定めているというのも「本当か」と思わされたが、よく考えると悪くない予想である。

 現在の巨人の主力野手は次のような顔ぶれだ。

 捕手=阿部 慎之助(インタビュー)、小林 誠司(インタビュー)、一塁=ロペス、二塁=片岡 治大(2011年インタビュー2012年インタビュー)、井端 弘和、三塁=村田 修一インタビュー)、遊撃=坂本 勇人インタビュー)、外野=アンダーソン、長野 久義(インタビュー)、高橋 由伸、橋本 到、亀井 善行、大田 泰示(インタビュー:2010年1月1日2010年1月3日

 優勝チームに相応しいメンバーだが、華のある選手が少ないのも確かだ。小久保 裕紀監督に率いられ、MLBオールスターチームと対戦する侍ジャパンメンバーが先日発表されたが、巨人の選手は捕手の小林、内野手の坂本の2人しか選出されなかった。巨人が、というより、セ・リーグ9人、パ・リーグ19人でわかるように“パ・リーグ優位”の現状がはっきり明示されてしまった。

 巨人はリーグの代表として、この現象を改善しなければいけない。目先の勝利を求めるのではなく、10年先も黄金時代が続くようなイキのいい選手を獲得して、一流選手に育成する。

 まさにパ・リーグ各球団が10年以上かけてやってきたことをさらに過激に実行し、野球ファンの心をわしづかみにする。そういう叱咤激励がこの侍ジャパンの代表選出にはこめられていると思う。前置きが長くなったが、そう考えると、浅間と岡本の1位入札は悪くないなと思った次第である。

このページのトップへ

【次のページ】 即戦力で有原か、華とスケールを意識して安樂か


【関連記事】
第9回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ「華のある選手を指名するべき」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第9回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第52回 ドジャースのクレイトン・カーショウがノーヒットノーランを達成!【Weekly TOP5】
第49回 東北楽天・則本昂大が2試合連続で完封を達成!3完封!【Weekly TOP5】
第30回 巨人OBの松井秀喜氏が春季キャンプの臨時コーチ就任決定!【Weekly TOP5】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン

コラム